真庭市で大雨が降ったときの情報収集先まとめ。ハザードマップも

真庭のコト

こんにちは。
岡山県真庭市の移住支援員、フジモトです。

今年のお盆はまさかの大雨。
真庭市も大雨警報・洪水警報が発令され、一時は”警戒レベル3 高齢者等避難”が出されるほどでした。

幸いにも大きな被害はありませんでしたが、不安を抱えたまま数日過ごしました。
今や日本のどこでも起こり得る大雨などの異常気象。
もし異常気象が発生したら、正確な情報を入手して、身の安全を確保することが大切です。もちろん日頃から備えておくことも大切です。

そこで今回は、真庭市で大雨が降ったときに正確な情報が手に入るサイトをまとめました。
”大雨”に絞ったのは、真庭市で最も起こり得る災害だからです。
もしもの時のために、このブログをご活用いただければ幸いです。

スポンサーリンク




真庭市で怖いのは大雨による洪水と土砂災害

真庭市で大きな被害が発生すると考えられるのは、大雨による洪水と土砂災害でしょう。2018年の西日本豪雨のときは一部地域が冠水しましたし、各地で土砂災害も発生しました。

今後も、このような災害が起こる可能性があります。

一方で、地震は日本の他の地域に比べると危険度は低いです。
※あくまで日本国内での比較です。

国の地震調査推進研究本部が公表している「地震動予測地図」によると、真庭市は今後30年間で震度6弱以上の揺れに見舞われる確率が0.1%未満となっています。

また、岡山県による「南海トラフ巨大地震による震度分布図」によると、市内の多くのエリアが震度5弱となっています。大きな揺れではありますが、「震源地に近い場所よりはマシ」といった感じでしょうか。

地震も怖いです。
しかし、毎年のように発生している大雨の方が危険度が高そうです。

ハザードマップで洪水・土砂崩れ・避難場所を確認


▲久世エリアのハザードマップ(真庭市ホームページより)

災害が発生してから準備するのでは手遅れになります。
日頃からハザードマップを見て、お住いの地域の被害の想定や避難場所の確認をしておきましょう。

ハザードマップでは、避難場所・土砂災害や浸水想定区域が色別で表示されています。
市のホームページにエリアごとに掲載されているので、お住いの地域のハザードマップを見て、確認しておいてくださいね。
リンク:「防災マップが新しくなりました!」(真庭市ホームページ)

また、避難場所の中では、土砂災害の危険区域に入っている場所もあります。
以下のリンクでは、避難場所が洪水・土砂災害のどちらのときでも使えるのか、または片方しか使えないのかが記載されています。
リンク:真庭市の指定緊急避難場所・指定避難場所(真庭市ホームページ)

避難の流れ

真庭市ホームページでは以下のように記載されています。

引用:真庭市ホームページ
”災害発生の恐れがあり、避難が必要となるときには、真庭市から避難情報(高齢者等避難、避難指示)として、告知放送による一斉放送、MIT(番組放送)、防災ネット(ホームページ・携帯電話で利用できるエリアメール送信等)などにより連絡します。
また、自主的に避難される場合は、真庭市までご連絡ください。

避難所は、市長が必要と判断したとき、開設し、その旨を広報します。(常時、開いている訳ではありません)もし、それ以前に、危険を感じ避難する必要が生じたときは、市にご連絡ください。災害時は、必ずしも指定された避難所が安全とは限りません。市では、総合的に判断し、避難所を開設します。そのため、結果として、指定された避難所以外の場所が避難所として開設される場合もありますのでご注意ください。”

市が避難情報を発信・避難所開設→避難 という流れです。
情報はMIT(真庭いきいきテレビ)の告知放送と防災ネットのエリアメールで発信されます。

スポンサーリンク




具体的な情報収集先

それでは、大雨のときの情報収集先を掲載します。

①Yahoo!雨雲レーダーで雲の動きを確認

雲の動きはお馴染みの「Yahoo!雨雲レーダー」で確認しましょう。
普段から見ている方も多いと思います。

Yahoo!アカウントでログインして居住エリアを設定しておけば、真庭市がすぐに開きます。アプリもおすすめです。

リンク:Yahoo!雨雲レーダー
アプリ:iPhone・iPad/Android

②土砂災害はYahoo!土砂災害マップを確認

土砂災害の危険性は「Yahoo!土砂災害マップ」を確認しましょう。
黄→赤→紫となるにつれ、危険度が上がります。
山の近くに住んでいる方は要チェックです。

リンク:Yahoo!土砂災害マップ

③川の情報はYahoo!河川水位と川の防災情報

大雨が降ると、当然川の水位も確認する必要があります。

河川水位は、Yahoo!河川水位で確認しましょう。
真庭市内を流れる河川では、旭川水系の以下の河川が確認できます。

  • 旭川
  • 目木川
  • 新庄川
  • 備中川
  • 月田川

また、旭川上流の「湯原ダム」の水位も要チェックです。
こちらは国土交通省の「川の防災情報」で確認できます。
ダムの水位が一定以上になると放流されるため、河川には絶対に近づかないようにしましょう。

リンク:旭川の水位情報(Yahoo!河川水位) / 川の防災情報

④1時間ごとの天気予報が確認できる日本気象協会

天気予報は1時間ごとの予報が確認できる日本気象協会のサイトがおすすめです。
降水量の予想も細かく出ているので、「雨が弱いうちに避難しよう」など、避難の際にも役立つと思います。また、この先10日間の天気が見られるのも嬉しいポイントです。

リンク:真庭市の天気(日本気象協会)

⑤避難情報は真庭市ホームページを

災害発生時は、真庭市のホームページも”災害仕様”に切り替わります。
避難情報などが掲載されるので、こちらも要チェックです。

リンク:真庭市ホームページ

災害時は正確な情報と身の安全を

起きてほしくありませんが、日本に住んでいる以上、災害に遭う可能性は高いです。
もしもの時のために、日頃から避難経路や避難場所を確認して備えておきましょう。

また、デマなどの誤った情報に惑わされず、正確な情報を集めて行動しましょう。

最後に、今回紹介したリンク先をまとめておきます。
もし、真庭市で大雨による災害が発生しそうなときは役立てていただけると幸いです。

(リンク集)

スポンサーリンク




コメント

タイトルとURLをコピーしました