【交通アクセス】真庭市から岡山市に行くルート5選

真庭のコト

こんにちは。
岡山県真庭市の移住支援員、フジモトです。

岡山県の県庁所在地は岡山市。
政令指定都市に指定されているほどの都市で、買い物施設や文化・エンタメなど、真庭市よりはるかに充実しています。

ぼくたち真庭市民も、休日は岡山市に遊びに行くこともあります(今はコロナで行けませんが)。

でも、真庭市に移住した当初、「岡山市にはどんな道順で行けばいいの?」と悩みました。高速道路はお金がかかるから、下道を使いたい・・・。

そこで今回は、真庭市から岡山市に向かうルートを5つ紹介します!

ぼく、フジモトは仕事のため真庭市と岡山市を行き来しています
岡山市で農業をしているので、農繁期の6月・10月は毎週のように移動しています。

ただ道順を紹介するだけでなく、所要時間や道路状況、沿線のお店も紹介します。
真庭市は広いですが、岡山市に行く場合は今回紹介する道がメインでしょう。

検証に使うルートは、真庭市役所本庁舎→JR岡山駅とします。

真庭市に移住して間もない方、真庭市に移住を検討されている方は、ぜひご一読を。

下道で行くルートは4つ

出典:写真AC

①鹿田ルート:速さと安全性を両立したルート


【所要時間】約1時間20分

最初に紹介するルートは、県道66号線を通るルートです。
ぼくが1番使っている道です。

ルートは以下の通り。
国道181号→県道66号→県道31号→国道429号→県道72号→国道53号→岡山市中心部

このルートの特徴は、速さと安全性を両立している点です。
全線にわたって道幅が1.5車線以上なので、すれ違いも容易

交通量も少ないので、急カーブにさえ気を付ければ、昼間は安全です。

夜は野生動物に注意しましょう。
ぼくはイノシシ・タヌキを目撃しました。

早ければ1時間20分で岡山市中心部に到着できます。

道沿いに休憩できるお店はありませんが、それが気にならないほど快適な道です。
ただし、冬場は凍結と雪に注意しましょう。

ぼくとしては最もおすすめしたいルートです。

②旭川ダムルート:最短距離だが酷道区間に要注意


【所要時間】約1時間30分

国道429号線を通るルートですが、旭川ダム沿いがいわゆる”酷道”区間です。

ルートは以下の通り
国道181号→県道30号→国道429号→県道72号→国道53号→岡山市中心部

アップダウンが少ない最短ルートです。
ガソリン消費が抑えられるのがメリット

しかし、県道30号の旦土大橋以南は道幅が1.5車線で、片方は山、片方は川という怖い道路。おまけにスピードを出している車が多いので、運転に慣れていないうちは恐怖を感じます。

そして、注目すべきは国道429号線の旭川ダム沿い。
断崖絶壁のくねくねとした1車線道路が待っています。

退避スペースはあるものの、初めて走ったときは怖かったです。
おまけに落石があることも・・・。

でも、この”酷道”区間を抜ければ「道の駅 かもがわ円城」でひと休みできます。
また、小森温泉という小さな日帰り温泉もあります。

昼間は交通量が多いので、運転に自信のある方以外にはおすすめしません
ただし、夜は交通量が少ないので、暗闇の運転に慣れている方にはおすすめです。
ぼくも夜に岡山市に移動するときはこの道を使っています。

③吉地区ルート:旭川ダムを迂回して国道429に出られる


【所要時間】約1時間30分

基本的に②と同じルートですが、旭川ダム沿いを通らずに、真庭市吉地区を通ります

ルートは以下の通り。
国道181号→県道30号→県道370号→国道429号→県道72号→国道53号→岡山市中心部

県道370号線は「吉(よし)」という集落の生活道路。
少しだけ1車線区間がありますが、基本的に1.5車線以上です。

周囲も開けており、見通しも良いです。
旭川ダム沿いを走るよりはるかに安全です。

また、途中の「江与味第一トンネル」「大師山トンネル」は、国道429号線のバイパス区間です。

国道429号線の旭川ダム沿いは道路状況がひどいため、バイパス工事が進行中。
ですが、江与味第一トンネルから先が開通しておらず、工事をしている様子もありません。全線開通はいつになるやら・・・。

バイパスさえ開通すれば、岡山市へのアクセスがグッと改善されます。

国道429号線に入った後は、②のルートと変わりません。
道の駅かもがわ円城と小森温泉も通ります

②より安全で休憩スポットもあるので、こちらもおすすめです。

④津山経由ルート:最も安全だが時間がかかる


【所要時間】2時間

ずっと2車線道路なので安全性は抜群ですが、距離と交通量の多さから時間がかかります

ルートは以下の通り。
国道181号→県道159号→県道70号→国道53号→岡山市中心部

Google Mapでは所要時間1時間35分と出ましたが、交通量が多く(特に国道53号線)、信号も多いため、実際は2時間近くかかります

ですが、道幅が広いので安心して運転できます。
運転に慣れない方は、まずはこの道を使うといいでしょう

沿線には「道の駅 久米の里」「道の駅くめなん」と、2つの道の駅があります。
ほかにも、カフェやラーメン屋などの飲食店が充実しています。
岡山市からの帰りに、晩ご飯を食べて帰ることもできます。

雪道の運転に慣れていないうちも、このルートがおすすめ
主要道路なので除雪が入りますし、交通量が多いので基本的に雪は溶けます。
ぼくも、積雪があるときはこのルートを使っています。

また、大雨で①②③のルートが危険なときも、こちらのルートを使いましょう。

時間はかかりますが、安全に行って帰りたい方はこちらのルートもいいでしょう

高速道路は速いけど下道-10分程度


【所要時間】約1時間10分(落合IC→岡山IC)

もちろん高速道路を使うという手もあります。

真庭市内には、以下の5つのインターがあります。
()は岡山までの普通車料金です(2021年7月現在)。

  • 久世IC(2,060円 休日のETC料金は1,440円)
  • 落合IC(1,790円 休日のETC料金は1,250円)
  • 北房IC(1,620円 休日のETC料金は1,130円)
  • 湯原IC(2,400円 休日のETC料金は1,680円)
  • 蒜山IC(2,880円 休日のETC料金は2,020円)

真庭市中心部から岡山市にアクセスする場合、使うのは落合ICです。

高速道路はスピードを出すだけでいいので、おそらくどの下道よりも安全です。
スピードの出しすぎにさえ注意すれば、快適に岡山市内にアクセスできるでしょう。

しかし、少し迂回したルート取りになるので、所要時間は下道-10~15分程度。

往復の高速道路料金が気になるなら、下道を通ったほうがいいでしょう。

ぼくも急ぎのとき以外は基本的に使いません

「急用だからできるだけ早く着きたい」「疲れたから早く帰りたい」というときはおすすめです。

高速バスを使うという方法もある

出典:写真AC

自家用車で行く以外に、真庭市内ー岡山駅間を高速バスが運行しています
便は1日4往復

料金は、往復で以下の通りです

  • 落合エリアから乗車:2,500円
  • 勝山エリアから乗車:2,700円

岡山市中心部は駐車場代が高いので、バスを使うのもおすすめですよ。

【リンク】勝山~岡山線 時刻表(中鉄バス)

まとめ:おすすめは①・③ルート

真庭市から岡山市中心部へアクセスする際のルートについて紹介しました。

ぼくがおすすめするルートは①と③です。
早く安全に行きたい方は①、途中休憩したい方は③を使いましょう。

慣れてしまえば、岡山市へのアクセスはあっという間です。
ショッピングや映画鑑賞、カフェ巡りなど、たまには都会もいいものです。

岡山市に行くときは、ぜひ今回紹介したルートを使ってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました